大和の理想的な使い方が阪神時代と変わらない現実