大田泰示が清宮にエール「自分の持ち味を見失ってほしくない」