過去の振る舞いを悔いる“天才”ナスリ「僕にもっとプロ意識があれば…」