パイオニア、AV機器部門を切り離すも最終赤字30億に拡大。かつての輝きはどこへ