木村拓哉さん、フレンドパークについて反省する