きらり「ただね、ちょっとだけ心配なんだぁ…」