みくり「平匡さん・・・私、すっきりしていないことがあります」