善子「いたわね」 俺「またか、お前じゃない…」