千歌「しまった。賞味期限切れてる……」