鞠莉「果南! 1位おめでとう! 私? 私はいいんだって~!」