杏奈「プロデューサーさん、お母さんみたい…」百合子「確かに」