タケシ「たまにはシチューに隠し味でも入れてみるか」