高垣楓「特別な貴方との、特別で普通な日常」