鞠莉「チカっちは私の事好き?」千歌「そりゃぁ好きですけど…」