鞠莉「おやおやまた育ったんじゃないのかな~?」果南「やめて!?」