曜「千歌ちゃんのことは好きだけど、そういう好きじゃないんだよねー」千歌「……」