見上げてごらん、夜空の星を【高森藍子】