少女「超楽しいのに、超死にたくなるの。あたし変かな?」俺「君に必要なのは」