俺「泣いているのか?」黒澤ダイヤ「……!よ、余計なお世話ですわ!」