書店店長「来たぞ!彼女だ!」書店店員「彼女が書店殺しのマル・・・!?」