穏乃「灼さん。その時が来たら、あなたの手で……」